溢れろアフロ

答えを持たずに歩く旅
世界のイロに出会う旅

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | 

1125

明日の分、といって
サンドイッチをせっせと作る人の背中をみながら
読み始めた本をちょっと閉じて
ぼんやりと
幸せと思った
なんとなく泣きたいような

お母さんがスーパーの大きな袋を抱えて
仕事から帰ってくる
もうおなかはペコペコで
簡単に食べれる菓子パンとかスナック菓子を探す
それをつまみながら
食事の準備にさっそく取りかかるお母さんの背中越しに
椅子に腰掛けて学校であった出来事を話す
そういう小学校のころのこと思い出した

グラタンの日はホワイトソースを手伝わされた
けっこう根気がいるこの作業が好きではなかったけど
味見がとにかく好きだった

お母さんの「ごはん出来たよ」の声


幸せなら笑えばいいんよ
と作る人はいう






- | comments(0) | trackbacks(8) | 

1117

サシ呑みに友人の住む町へ
気晴らし6と相談事4(深刻度普通)のために
会いにいってもいいですか
と出かける

で、4は?
ポツポツと話始める
適切なアドバイスを貰う
いかん...酔っぱらいだ、楽しくなってきていると感じる
相談事4は深刻度本当は自分なりに富士山くらいは高くって
息を切らしていたのに
フツフツと楽しいが、かぶってくる

目の前の店員さんがかわいくって
ずっと好きな顔だ、好みの顔だって思っていたら
酔っぱらいなので、彼女が仕事をあがりそうになるのを

すみません、一緒に呑みたいです

なんて言ってみたりして
隣に席を作って貰ったりして
完全に楽しくなってみたりして

気付いたらサシ呑みは6人呑みに膨らんでいた
みんなやっている仕事が違っていて
関心ごとも違っていて
酒に完全に呑まれ、ロレツもそこそこまわらず
アドレス交換など、とうてい上手にできず
1時間くらい費やしていた気がする

仕事なにやっているんですか、と聞かれた
友人が代わりに答えてくれた
「この人ねえ、たなか という職業」

なんだか相談事4も、高くそびえる富士山みたいな問題も
そうか、たなかという家業か、悩むのが家業か
とか思うと
やれやれ、めんどーだなって思うけれども
仕方がないか、と諦めもつく気がした
ばかばかしくって楽しくって

月曜日から金曜日まで、土曜日もわりと
富士山に挑むのに疲れてたりするけど
酒呑めば愉快にもなるし、そこは難しくない

とにかく深刻ぶらせてもらえない、
そういう場所があるのは居心地がよくって
ひとりでとれないバランスを
保てたりする

さっきナンパした女のこから無事にメールきた

しびれた

かわいいだけではないのですね
出会いは簡単で面白い





- | comments(0) | trackbacks(2) | 

1029

難しくない

きっとこれから難しくない

当たり前に繰り返す肺呼吸の
意識しなくても続いている感じ
覚えとらんくても、平気

あーなんか大丈夫ぽい

望めば、呼ぶ、応える
サイクルサイクル(ビリー)


- | comments(2) | trackbacks(0) | 

1021

今日公園で読み終えた本の最後の行は
またくるくるまわるこの心の答えを
落としてってくれる

明日はもっと早く走って、緑の灯火を
もっと両手を伸ばして、手に

落ち着こうとするこの心は
膨らむことを押し込もうとする
落とし穴を探して
落とし穴があった方が安心するとでもいうように
上をみたら 青空で
下をみたら 緑色の草、小さな蝶々
どっちを見ていても落ちないので
ないかもしれないです

雨が降ってほしくない日に晴れた
ゆっくりと歩いて 立ち止まって
咲き始める黄色の花を今日もみていたり
雨がやっぱり降ってしまったら
じっと本を読んだ
コーヒーの匂いを嗅いで
手の体温があがる 眠いのかもしれない


とりとめのないことにたくさん気付く
難しくない

















- | comments(0) | trackbacks(0) | 

1007

蟹とビールと幼なじみ
休日、代々木公園、
北海道はでっかいどーで間違いなし

幸せは自分が笑っていて
そばで好きな人が笑っていて
例えばそういうことで

気付けば20年来の幼なじみ
関心事は変わったけれども
笑い方やら、はしゃぐやり方やら
相当変わりそうもない

焼き蟹に焦点が合いすぎて蟹コール止まず
子供に不信がられるも
ビールで余計活気づき
カニクリームコロッケを食べたあたりで
ピークを迎え、踊った

表参道でようやく
自分たちがあまりにも
蟹臭いことに気付いたけれど
勢いは止まらず
このニオイでご飯いける!くらいの
バカバカしさ

平和

二人でどんだけニヤニヤしたか
どんだけ手を洗っても
いまだ蟹臭い
磯臭い二人



今日久しぶりに
灯火を見た
それは携帯のカメラの中に

虹はいつも指標のように
突然現れて
そこに向かうのは正しいと教えられているよう

ひとつ
始まりを始めてみることにした
垂直の虹が降りて来た
- | comments(1) | trackbacks(0) | 

0929

今日は持っている鉛筆を折りそうになった
あぶないあぶない

サシラーメンの予定
まだかなあ

腹を満たさねば、とにかく
子供のようなケンカをした後は

世界が狭くて息苦しい
ラーメンまだか
- | comments(0) | trackbacks(0) | 

0928

サシ呑み
とか
サシ飯
とか多い

今日はサシ呑み

共感って気持ちいいなー
タイ料理うまい
とか
そういう

会いたいと思ったら会えるとか
そのための時間が用意されることとか

うん、いい

心はカラダはとても素直
- | comments(0) | trackbacks(0) | 

0918

この連休にきちんとお休みがとれたので
上巻でやむなく止まっていた本を読み始めたら
朝がきたりしつつで
あっさり読み終えたものだから
今日読む本がない

今夜は霧雨
静かでいい

昨日ガハガハ笑った
眠る前にいい事ばかりを思い出して
夢でも見ようかと企んだけど
にわかに頭がうごき出して
勢いづいて本を読んだ

だから今日読む本がない
眠気もこないというのになー
- | comments(0) | trackbacks(0) | 

0909

父にしんどいと言えたことで
めいいっぱいめいいっぱい
泣いたことで
決壊した
とうに壊れてはいたけれども

お父さんに
希に
洋子さんに
ヒロミさんに
恵子さんに
哉子むさんの歌声に
破片を拾いあげて貰って
勝手に壊れたあたしは
勝手に再生する

すげーな

色んな人が
あたしを覚えていてくれて
自分で自分を忘れてしまっても
再生できる

すごい
- | comments(4) | trackbacks(0) | 

0908

私は私の家族が心から好きだ
尊敬できる父の元に生まれたことも
真面目な母の元に生まれたことも
幸運だと思う

お父さんに名前を呼ばれるだけでなんだか泣けてくる
不思議なのだけれど

幼い頃にお父さんが言った
短所を潰すのではなく、長所を伸ばす教育を
子供たちに

もういい加減大人になった私にお父さんは
自分に誇りをもって生きなさい
と言う

私はこの人に育てられたのだなあと思う

私がどうしても捨てきれないものは
お父さんも持っているもので
それは脈々と流れるもの
お父さんと私をつなぐもの

お父さんは私に名前をくれた人

お前の心が大切
と言ってくれる

ズルくならなくていいと背中を押してもらえたので
今日くらいは少し眠れるかもしれない




- | comments(0) | trackbacks(4) | 
<< | 2/27P | >>
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>